住宅ハウスメーカー業務 住宅ハウスメーカー選びのポイント

住宅ハウスメーカー

住宅ハウスメーカー業務

住宅ハウスメーカーは見渡せばどこにでもあり、特にコマーシャルなどできれいで豪華な家を映像にのせているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。ちょっと勘違いされてしまうところは、住宅ハウスメーカーは家を売っているところという先入観がありますが細かく言うと違ってきます。

では住宅ハウスメーカーの本来の業務は一体どんなものなのでしょうか。主に住宅ハウスメーカーの業務は建設業者と顧客の橋渡しといったイメージになります。顧客の要望を聞き、それにできるだけ近いマイホームの建設依頼を建設業者にするもので、例えば壁や床の材質、間取り、キッチンの型式、外壁の種類、庭やバルコニーのスタイルなどを顧客と打ち合わせをして決定していきます。

建築の細かい部分までの要望に応えられるよう、住宅ハウスメーカーのスタッフは住宅建設に関して豊富な知識を持っていることが要求されます。その他建設だけでなく、税金が毎年どれぐらいかかるか、諸経費がいくらぐらいになるかもその場ですぐに計算して顧客に提示する必要がありますので、法律に関しての知識もある程度必要になります。

流れとしては、住宅展示場などで顧客を獲得し、その後顧客の希望や要望を聞いて設計図やモデルを作ります。、また、その際に予算などの考慮とともに税金や諸経費を割り出し顧客に提示します。それに満足した顧客からこの家で決定ということであれば、施工会社に依頼をかけて建築されるというものになります。

スポンサードリンク