土地の購入について 住宅ハウスメーカー選びのポイント

住宅ハウスメーカー

土地の購入について

土地購入をする場合当然立地条件は良いものを選択しなければなりません。駅に近い、買い物ができる場所が近くにあるなど、最低限の部分は考慮しましょう。さらに土地によっては地盤沈下を起こす場所もあります。

埋め立て地や山を切り崩して作った土地か、費用はかかりますが念のためボーリング調査などで確認をしましょう。その他注意しなければならない点は、住宅建設にあたって余計な費用がかさむような土地ではないということがいえます。例えば水道管が購入した土地から遠く離れており、これを引き込む際の工事費用が余分にかかります。

また、この土地と前面の道路に高低があった場合高さをあわせるために工事が必要になります。この費用はほとんどの場合、後で知らされることが多く建設が始まって土地の整備の請求を受けて驚く人もたくさんいます。

こういったトラブルにならないよう着工前に事前に調べるよう依頼をするか、住宅ハウスメーカー側に土地の整備費用がどれぐらいかかるか、上乗せされることはないか確認しておきましょう。また、当然広い土地を購入すればそれに比例して整備費用も上昇しますので、くれぐれも注意が必要です。

この他土地の狭さや周囲の環境によって希望通りの住宅の建設ができなくなるということもあります。こういった点も問題にならないか住宅ハウスメーカーとよく打ち合わせをして確認しておきましょう。土地購入に関してだけでなく、トラブルになりうる問題は、すべて事前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク