展示場参観 住宅ハウスメーカー選びのポイント

住宅ハウスメーカー

展示場参観

住宅展示場とはいわゆるモデルハウスが展示してある場所で、展示場の参観はマイホーム購入の第一歩といったところでしょう。住宅展示場内は景観が非常に美しいこととそれなりに参観者を楽しませるものがありますので、あまり住宅購入に興味がない方でも楽しめる場所でもあります。

住宅展示場は2つの種類があり、一つの住宅ハウスメーカーによるものと、様々な住宅ハウスメーカーが参加しているものになります。どちらかというと後者を選んで参観すべきでしょう。そこで得たカタログなどを比較し、どの住宅ハウスメーカーが自分の希望にあったマイホームを建設してくれそうか自分なりに研究してみるのもよいでしょう。

また、住宅展示場には必ず各住宅ハウスメーカーの営業マンがいますので、会社の強みや特徴などを、また他の住宅ハウスメーカーとの違いを聞いて見た方がいいでしょう。因みに住宅展示場へ足を運んだことのある方ならお分かりですが、どの家もすばらしいものです。当然ですが、お客さんに自社の最高のものを見せようとしていますので、モデルハウスにはかなり力を入れています。

はっきり言って、住宅展示場にあるような住宅を建設するには相当な予算が無い限り不可能です。勘違いしてしまいがちなのは、この家が自分の希望にあっている、だからこの住宅ハウスメーカーに家を建ててもらおうとその場で決定してしまうことです。明確にしなければならないのは、住宅展示場に足を運ぶ目的はあくまで"住宅を見る"のではなく"業者を見る"ということを覚えておきましょう。

スポンサードリンク