二世帯住宅にする理由 住宅ハウスメーカー選びのポイント

二世帯住宅

二世帯住宅にする理由

二世帯住宅とは親と子供両方が住める住宅のことを指し、一般の状況としては父親が既に退職して、子供は結婚し、家庭を持っている状態で一緒に住むというものです。つまり家庭が二つあるということで二世帯住宅と呼ばれています。

状況は少し異なりますが、サザエさん一家の状態を想像すると良くわかるでしょう。最近では二世帯住宅を検討、建てる人が増加しています。この歳になって親と住むなんて面倒くさいと思う人もたくさんいると思います。

ではなぜ多くの人が二世帯住宅に興味を持つのでしょうか。理由はいくつかありますが、まず親の介護が挙げられます。介護が必要のない親でも、子は親を心配するものです。近所に住んでいるなら問題ないですが、遠くに住んでいる場合問題なく生活できているか心配になり、結果一緒に住めば心配が要らないということになります。

また、親は孫が大好きです。いつでも一緒にいたいという両親の希望、もしくは共働きで子供の面倒が見ることができない子ども世代の希望で二世帯住宅にするケースも多くあり、多くの人が家族のつながり大切にしていることが伺えます。

しかし、これらの理由はあくまで二次的なもので二世帯住宅にする一番の理由は経済的な問題が一番大きく絡んでいます。子ども世代だけでは住宅を建てられない、もしくは住宅を建てたとしても住宅ローンの負担が大きすぎるために、親世代に金銭的援助を得る代わりに二世帯住宅にするのです。

こういった理由で二世帯住宅にするのですが、金銭面でトラブルになることもありますので、二世帯住宅を建てる場合はその点を踏まえしっかり熟考しましょう。

スポンサードリンク