二世帯住宅のメリット 住宅ハウスメーカー選びのポイント

二世帯住宅

二世帯住宅のメリット

多くの人が二世帯住宅を検討したり、実際に建てているということで多くのメリットがあるように感じられます。そうでなければ二世帯住宅はここまで多くの人々に受け入れられないでしょう。一体どのようなメリットがあって皆さん二世帯住宅にしているのでしょうか。

やはり、一番のメリットとしては親世代子世代一つ屋根の下で住むことによる家族の温かみを実感できることでしょう。家族が多くいればそれだけ楽しい時間が増えるのも確かですし、親世代にとって孫の顔をいつでも見ることができるということは一番嬉しいことです。

また、親世代が常に家にいるということで、共働きでも孫の面倒を見ていてくれるし、自分が風邪で寝込んだ時も看病してもらったり、その他家事を手伝ってくれるというメリットもあります。このように共働きの夫婦にはメリットとても大きいといえます。

この他、経済的な負担も大きく軽減されます。まず、親世代子ども世代一緒に住むということですので、住宅を購入するほとんどの場合に親世代の援助があります。半分援助というケースがもっとも多く、それ以上の援助を受けることも珍しくありません。

また、一つの土地に二世帯住める住宅を建てるため、土地代も安く済みます。仮に、親世代、子ども世代別々の土地にそれぞれの住宅を建てる場合、土地代は単純計算で二倍かかるということになります。

また、二世帯住宅ならではの住宅ローンもあり、これを利用することで返済期間は延びますが、毎月のローン返済額が少なくてすむというメリットがあります。マイホーム購入を検討している場合は、二世帯住宅という選択肢もありますので一度両親に相談してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク