住宅の材質 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

住宅の材質

材質ということですが、ここでは材質と切っても切り離せない工法の紹介も合わせてしていきます。材質と工法は大きく分けて5種類あり、鉄骨軸組工法、木造軸組工法、木造枠組壁構法(木造2×4)、鉄骨ユニット工法、木質パネル工法となっています。まず、鉄骨軸組工法は住宅ハウスメーカーが最も採用している工法で、長所は耐震性や耐風性、そして耐久性が高い、デザインなどの制約が他と比べると少ないなどが挙げられます。

短所は鉄骨になるのでリフォームが容易ではない、不安定な地盤に建築された場合最悪の事態に陥ることもあるということです。こちらの工法を採用している住宅ハウスメーカーは積水ハウス、ダイワハウス、ヘーベルハウスなどになります。木造軸組工法は伝統的な工法となっており、長所は設計の自由度、リフォームがしやすい、日本の気候に適しているなどで、短所は建築期間が他と比べると長くなるというところです。

三井ホーム、セキスイハウイム、ミサワホームが採用しています。木造2×4工法は米国から伝わった工法で、長所は建築期間が短いと言われていること、耐震性、耐風性、耐火性が高いということです。短所は設計の自由度があまりないところにあります。セキスイハイム、三井ホームが採用しています。

鉄骨ユニット工法の長所は建築期間が短い、耐震性、耐火性、耐風性に優れていることで、短所はデザインの制約、場所によって資材の搬送が制限されることがあることです。こちらはミサワホーム、セキスイハイムが採用しています。最後に木質パネルです。

長所は建築期間が比較的短い、ユニット工法と同様、耐震性、耐火性、耐風性が高いことで、短所の同じくデザインの制約、資材の運搬が場所によって制限されることです。ミサワホームが採用しています。

スポンサードリンク