外壁 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

外壁

外壁にはいくつか種類がありますので、どのようなものがあるか確認していきましょう。まず、窯業系サイディングと呼ばれるもので最近の新築の家によく導入されているものになります。こちらの特徴はデザインの種類や厚さなどの種類が豊富なことで、耐久性耐火性もそれなりにあります。窯業系の他に金属系があり種類の豊富さは劣りますが、衝撃に強いことが挙げられます。

次にALCと呼ばれるもので、ヘーベルハウスが採用している材質ヘーベルを指します。価格が上がるのがデメリットになりますが、衝撃に強く、耐久性、耐火性も高いことと断熱性にも優れているとても良質な材質になります。タイル素材の外壁もあります。こちらは粘土などを焼いて形成されたもので衝撃に強く、耐久性に優れています。デメリットは値段が高いことと、施行性が他の材質と比べるとあまりよくないところにあります。

最後にセメントモルタル塗りがあります。こちらは日本古くからあるもので、最新の外壁材質と比べると少し劣ってしまいます。何かとクラックが出てきてしまったり、衝撃ではがれたり、雨漏りの可能性も他と比べるとリスクがありますので、選ぶ際は慎重に行っていく必要があります。この他、外壁の断熱について内断熱と外断熱がありますので紹介しておきます。

内断熱の特徴は建築コストが外断熱と比較すると安い、ですが構造材が断熱されないことや湿気ができてしまうことがあります。一方外断熱はコストはかかりますが、湿気がこもりにくい、家全体を包むようにして断熱しますので、断熱性が非常に高いといえます。料金的な面からみると内断熱を採用してしまいがちですが、長く住む家であれば外断熱をお勧めします。

スポンサードリンク