オール電化 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

オール電化

オール電化はガスを利用しないもしくはガスと電気をバランスよく利用した住宅になります。このオール電化、一体どんなメリットがあるのでしょうか。まず、基本料金が安くなるということが挙げられます。

これは、ガス、電気両方を利用した場合両方の基本料金がかかりますが、電気のみにすればガスの基本料金がかからなくてすむということになります。また、一本化するとオール電化割引というものもついてきますのでお得になります。

特にプロパンガスは単価が高く、住人が多いとかなりかさんできますのでオール電化の法が割安といってよいでしょう。また、主婦にとって厄介なガスコンロの掃除ですが、IHクッキングヒーターはデコボコがほとんどないので、掃除の時間が大幅に短縮されるでしょう。オール電化のメリットはとても魅力的ですが、確認しておきたいのはデメリットもあるということです。

デメリットは電力により夜お湯を沸かしますので、大量のお湯と使う時、足りなくなり湯切れになってしまうことがあります。家族全員長風呂、長シャワーの家庭は要注意です。更に浴室乾燥機を採用している場合、電気のよりもガスのほうが乾燥に適していることが言えます。スペースの問題もあり、お湯を貯めこむための貯湯器がありますので、ガス湯沸かし器よりも場所をとられてしまいます。

最後にIHクッキングヒーターについて、従来のガスコンロの方が使い安いという人もいます。また、ガラス面を割ったりしてしまうと、修理費が高額になるということもありますのでよく実物を見て、他の人から聞いたりして慎重に決定していきましょう。

スポンサードリンク