太陽光発電システム 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

太陽光発電システム

最近注目されている環境配慮型住宅で太陽光発電システムを搭載した住宅が多くあるのはご存知のとおりだと思います。太陽光で高熱費がかからない!?と思ってしまいがちですが、落とし穴もありますので注意が必要です。

まず、太陽光発電システム搭載のメリットはどこにあるのでしょうか。まず、光熱費についてです。太陽光発電といっても電力すべて太陽光でまかなえるわけではありませんが、オール電化を組み合わせることにより光熱費を大きく浮かすことができます。また、余分にたまった電力があった場合、電力会社に依頼をして買い取ってくれるという素晴らしいシステムも存在しています。

国も環境配慮に大きな関心を寄せています。ですので、太陽光発電システムを導入することによって場所によっては補助金を出してくれるところもあります。この他個人にとってはメリットは期待できるものではありませんが、地球環境保護に貢献しているという地球規模で見た場合素晴らしい評価に値します。メリットはこのようなことが挙げられますが、デメリットはどこにあるのでしょうか。

まず、一番厄介なところはコストが高いというところです。住宅ハウスメーカーによりまちまちですが、1Kの場合で50万円から60万円となっています。実際に回収できる年数を見てみると、10年以上かかるものが一般的です。これは太陽光発電メーカーによって変わってきます。一番発電量が高いのはSANYO製になり、次に長州産業製、東芝製と続きます。

スポンサードリンク