間取り 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

間取り

間取りとは建築物内部の部屋の配置などのことです。部屋の配置などは日当たりや風通しのよいように設置する必要がありますので、必ずよく確認して置きましょう。珍しい人だと風水と取り入れて間取りを決めていくという人もいますが、ここでは本当に住みやすい家にするためにどのような点を考慮すべきか紹介していきます。

まずは日当たりについてです。大きな敷地のど真ん中に建てられた家は、何も問題がありません。ただ太陽が昇る東と太陽が沈む西を考慮すれば問題ないことです。一般的なものだと玄関側を東、裏を西に持ってくるものです。

ただし、問題は住宅地に建設される住宅です。住宅地に建てられた住宅はとなりの住宅に日差しを遮られる可能性があり、湿気の問題が出てきます。夏は問題ありませんが、冬は太陽が比較的低い位置を通りますので、裏の住宅との距離をきちんと取っておきましょう。また、玄関側も前の通りができるだけ広い場所を選択すると良いでしょう。

さて、日当たりともう一つ重要なものが風の通りです。風の通りがあるかないかで湿気がこもったり、熱がこもったりします。更に最悪なのが臭いで、風通しも悪い部屋だと、窓を開けても臭いが出て行かないということになります。特に夏は風がないと非常に息苦しく、エアコンを使用するにも電気代が高くなってしまうでしょう。

ここで失敗しないように、まず建設予定地に足を運びましょう。時期によって風向きが異なりますので、できれば夏に現場に行って風向きを確認しましょう。時期が冬であれば近隣の住民にその地域の風向きを確認するといいでしょう。

もう一つが窓です。部屋にいくつ窓があるか、一つしかない場合はお分かりの通り風は入っても来ませんし、出て行きもしません。ですので、部屋には必ず二つの窓を設置するようにしましょう。夏でも快適に過ごすために、よく考えて間取りは考えるべきです。

スポンサードリンク