住宅ローン 住宅ハウスメーカー選びのポイント

注文住宅のノウハウ

住宅ローン

マイホーム購入の際、一括で支払うなんて聞いたことがないと思います。ほとんどの人は住宅ローンを組んで毎月決められた額を支払っていくという方法を取っています。住宅ローンは家が完成してから融資されるのではなく、見積もり後に融資が得られます。なぜなら、抵当に入れられるのは家になりますので肝心のものがないと融資する側もどうにもできないためです。

注文住宅の場合、通常の物件を購入するのと少しことなる部分があるので確認してここでおきましょう。住宅ローンの開始はあくまで完成後になりますが、建築の着工にあたって支払いが必要になります。詳しく言うと、着工だけでなく建設の進行段階ごとに支払いが必要になり、これの際に必要になるものをつなぎ融資と呼んでいます。

つまり、準備金の融資になります。まず、請負契約の際、次に着工の際、そして上棟の際、最後に住宅完成の際に支払いが必要になります。これは住宅ローン契約までの期間に資金が一時的な融資が必要になるということですが、銀行によっては住宅建築の確認が取れればそこまで時間がかかりませんので、つなぎ融資の必要性のなくなってきます。住宅ローンでは契約の際に様々なプランがあります。

特に迷ってしまうのが変動金利と固定金利どちらにすればいいかということです。こちらの住宅ローンの金利比較.comに詳しくありますが、変動金利は金利が変化するものとなり、返済計画など立て難いということになります。また固定金利よりも金利が安く設定されています。実際どちらが多く選ばれているかというと、変動金利の方が人気があり返済プランのことよりも金利が安いというところで多くの人が選択しています。

スポンサードリンク