積水ハウス 住宅ハウスメーカー選びのポイント

おすすめの住宅ハウスメーカー

積水ハウス

展示場参観やネット上で住宅ハウスメーカーについて調べるとたくさんの会社があります。展示場参観だけでは決められないという人もほとんどですし、他の会社とどこが違うのかわかりづらいかもしれません。

ここでは簡単に各社のどのような違いがあるか紹介していきます。積水ハウスは1960年に設立され一番人気の住宅ハウスメーカーです。売り上げも一番多いため様々なところに営業所があります。

基本的に建設の階数は3階までとなっており、鉄骨もしくは木造建築になります。最近では環境を考えた住宅販売に力を入れており、太陽光発電やCO2オフ住宅などの環境配慮型の住宅を多く受け持っています。また、住宅建設のバリエーションも豊かで、二世帯住宅や共働きの夫婦のための住宅、シックハウス症候群の対策専用の住宅もあります。

この他メーターモジュールというものを採用していることにより、住宅の空間作りが得意といってよいでしょう。断熱システムは外部と内部がありますが、積水ハウスでは全て内断熱、つまり内側重点断熱の工法を採用しています。

外断熱と内断熱では全体的に見ると外断熱の方が、しっかりと断熱できますがコストを考えると内断熱の方が割安です。地震対策については、選択する住宅の種類にもよりますが制震装置の搭載ができるようになっています。また、最新の技術である免震についても積水ハウスでは採用しています。最後に防火対策についてです。こちらも地震対策部分と同じように、耐火構造で建築することができます。

スポンサードリンク