タマホーム 住宅ハウスメーカー選びのポイント

おすすめの住宅ハウスメーカー

タマホーム

タマホームは積水ハウスや大和ハウスなどと比べると、比較的新しい住宅ハウスメーカーといえます。90年代後半に設立され、2000年代後半から徐々にコマーシャルも増えていきました。さてタマホームの強みは一体どこにあるでしょうか。

強みはなんといってもその価格にあります。坪単価を見ると30万円から50万円となっており、他の住宅ハウスメーカーよりもかなり安く設定されています。価格が下がれば品質も下がるかもしれないという心配も必要ありませんが、タマホームの住宅は主に標準的な住宅になりますのでデザインや装備を重視する人には向かないかもしれません。

注意すべき点は坪単価に通常他の住宅ハウスメーカーでは含まれないバルコニーの面積などが単価に含まれるようなので、見積もりの際にしっかり確認、比較をし、本当に他社より安価かどうか見極める必要があります。但し、壁から飛び出しているようなバルコニーや出窓の設備を控えた場合は問題ないでしょう。

逆に多くの出窓を設置したり、バルコニーを広く取ったりすると他社よりも高額になる可能性がありますので要注意です。工法は鉄筋ではなく木質になっていることや、地震対策の免震、制震装置の搭載ができないなどのデメリットがあります。

災害対策は他の住宅ハウスメーカーと比較すると劣ってしまいますが、価格が安価なことに関してはトップクラスと言えるでしょう。こだわりがなければタマホームで家を建てるのがいいでしょう。

スポンサードリンク