シックハウス症候群 住宅ハウスメーカー選びのポイント

マイホーム購入の注意事項

シックハウス症候群

よくニュースで耳にすることがあるシックハウス症候群。これは一体どんな病気なのでしょうか。シックハウス症候群とは住宅内の資材などから化学物質が室内に漏れ出し、それを吸引した入居者に不快な症状を発症させます。

特定されているのは、建築の際に利用された接着剤から出るホルムアルデヒドというものになります。症状としては、せきやくしゃみが良く出たり、頭痛の症状がでることがあります。ひどい場合は吐き気や目に以上が出るものとなっています。

症状を聞くと風邪に非常に似ています。そのため、自覚症状がなく風邪だと思い込んでそのままにしておくと症状が悪化する場合がありますので新築の住宅などに入居している場合はすぐに病院で診察してもらいましょう。シックハウス症候群は個人差による影響が強いといわれていて、シックハウス症候群に係りやすい人とそうでない人がいます。

さて実際にシックハウス症候群の症状が出た場合どうすればいいのでしょうか。医師の診察を受けることは言うまでもありません。しかし、家に帰るとまた症状がでますので、その対策を紹介していきます。シックハウス症候群の原因でもあるホルムアルデヒドは湿気によって室内に充満するといわれています。

ですので、予防策として室内を適切な湿度に保つことで症状を和らげることができます。その他定期的に換気をすることで症状を和らげることができますので、空気の循環として1、2時間に一回窓を開けて、部屋の換気をしましょう。

スポンサードリンク