建築開始後の変更 住宅ハウスメーカー選びのポイント

マイホーム購入の注意事項

建築開始後の変更

住宅ハウスメーカーとの契約が完了するとその後すぐに着工されます。徐々に出来上がっていく実際のマイホームを見て、イメージと違った、ここはもう少しこうしておけばよかったなど思いつくこともあるでしょう。変更はできない!?と住宅ハウスメーカーに縋りたくなると思います。当然変更は可能になります。

ただ頭に入れておかなくてはならないことは、建築開始後の変更は高くなることです。住宅ハウスメーカー契約完了後に施工会社に依頼をして、その施工会社は資材の発注を始めます。発注したのにもかかわらず、やっぱり外壁はこのタイプの方がいい、と顧客から言われたら変更せざるを得ませんが、施工会社からすると既に注文してしまったものはどうすればいいのかとなってしまいます。

また、外壁の工事を既に始めているのにこのような変更依頼が来ると、工事が完了した部分の取り壊しも必要になってきます。更に発注もやり直しになりますので建築期間が予定よりも大幅に遅れることになります。

よくあるケースだと、予算の問題でやむを得ず少し値段の安いものを選んでしまい、その後やっぱり予算を少しオーバーしても高い方にしとけばよかったというものです。こういった失敗をしないためには、住宅ハウスメーカーとの打ち合わせはうやむやにせず、念願のマイホームだという認識を忘れずにすることがとても大事になります。

また、住宅ハウスメーカーに任せっきりにするのではなく自分もこの事業に参加するという気持ちで打ち合わせをして、完璧且つ理想のマイホームを手に入れましょう。

スポンサードリンク