税金 住宅ハウスメーカー選びのポイント

マイホーム購入の注意事項

税金

マイホームを持つことにより税金が発生することは良く知られています。この税金の内容は固定資産税と呼ばれるもので、毎年の納税が義務付けられています。課税の対象は小夕している物件と土地になり、両者の価値によってか税額が異なってきます。

また、固定資産税に含まれる都市計画税もあり、マイホームの価値によって高額になりことがありますので覚えておきましょう。実際に固定資産税、都市計画税は毎年どれぐらい払わなければならないのでしょうか。現在の固定資産税の課税率はマイホームの評価額の1.4パーセントとなっており、都市開発税は評価額の0.3パーセントとなっていて、人によってはかなりの負担だと感じる場合もあるでしょう。

しかも毎年1月1日新年早々課税されるなんて、正月の気分も台無しになってしまいますね。ここで疑問が出てくると思いますが、評価額は年数が経てば経つほど下がるので課税額も年々安くなるのではないか、というところです。その通りで、評価額は見直されそれによってか税額が変動します。

しかし、資産の評価は毎年行われるものではなく、3年に1度と決められています。一年で価値は変わらないということなのでしょうか。それとも怠けているだけなのか、疑いたくもなりますが決まりごとなので諦めるしかありません。

ここで1つ頭に入れておかなければならないことは、資産の評価額は何も下がるだけではないということ、つまり評価額があがるということも有り得ますので覚えておきましょう。例えばリフォームなどで大きく改築した場合評価額が上ってしまいますので、これと比例して固定資産税、都市開発税の税額が上がってしまうことになります。

スポンサードリンク